前へ
次へ

教育資金のために学資保険を利用する方法があります

教育資金を得るうえで学資保険を利用する方法もあります。
学資保険は教育費が特に必要となる進学などの時期に教育資金がもらえます。
特に大学への進学を考えている家庭にはメリットとなります。
大学への費用は養育費の中で最も大きな割合を占めるからです。
貯金をするのが苦手な方も加入することで大学進学に備えられます。
教育資金を受け取るには契約時に払込み期間を設定し、満期にまで保険料を支払うことになります。
もし、契約者に病気などの万が一のことがあれば支払い義務は免除となります。
そして、教育資金は予定通り支払われます。
学資保険が生活においての保障となるのです。
金利は固定金利のため、どのくらいの教育が支給されるのかが見通しも付きやすいです。
しかし、あくまで子供の教育を目的とした保険なので他に必要になった時にお金は引き出せません。
支給される前の段階で他に予想外の出費が発生しても使えないので注意しましょう。
学資保険は途中解約すると返戻金が支給されます。
しかし総合的には払った保険料に対して元が取れる金額ではなくなります。
また、支給される時期は固定されているので、受け取らずに保険会社に据え置くことができません。

Page Top