前へ
次へ

医学部への進学を考えているのなら

早い段階で、将来的に医師を目指すと決めている場合、医学部進学率の高い中高一貫校への進学が王道になりつつあります。
これは、国公立大学の医学部への合格者の上位層の大半が、中高一貫校出身であるという事実があるからです。
近年では、医学部の人気が上がっており、ますます難易度が上がると同時に偏差値も上昇しています。
学費の面を考えて、国公立大学専願で志望する人が大半です。
私大の医学部にかかる教育費は、ピンキリで学費が安生すむ大学ほど人気があって、偏差値も高くなる傾向にあります。
学費だけで、初年度に1000万円以上、6年間で4000万円を超える医学部もありますが、これは最低ラインです。
志望校の学費を調べたうえでの検討が必須であり、いずれにせよ、お金が潤沢な家であることが前提になります。
また、学費のほか、一人暮らしにかかる費用にも要注意です。
医学部は、研修や実習で夜遅く帰宅するケースも多く、アクセスが悪いと身が持たなくなるため、下宿費が高くなる傾向にあるので注意しましょう。

Page Top